日本会議力向上委員会オフィシャルサイト:HOME > 応援メッセージ

会議力検定を運営する日本会議力向上委員会オフィシャルホームページ

応援メッセージ (五十音順)

会議力と仕事成果は相関する

成果を出すビジネスパーソンは、きまって会議を作るのも上手です。聞く力と話す力のバランスがよく、また場を創造する力を持っているのです。この会議力検 定の試験問題には、会議力を向上させる知識、スキルがたくさん詰まっています。是非、この会議力検定を受検して、会議力そして仕事成果を高めてみてはいか がでしょう。

元開TBモチベーションズ 代表取締役社長
現開TB法人東京 取締役マーケティング部長
大塚雅樹

元気な会議が経済を活発にする

有意義な会議をするには目的や方向性を共有することが必要になりますが、
それらを定める場も会議であり、有効なコミュニケーションがとれることが
会議の成功の鍵になります。
会議の中でのコミュニケーションから新しい発想が生まれたり、気づきがあったり、
集中して物事を考える貴重な時間であり、空間であります。
時間だけでなく空気を共有することは、どれほど有効なものか計り知れません。
時間を浪費したと感じる会議もありますが、会議前と後では世界が変わって見えるほどの
感動や発見をする会議もあります。
感動からビジネスが生まれ、経済が回りだす、そういう会議が実現できる環境を
これからも提供し続けたいと思います。

潟eィーケーピー 代表取締役社長
河野貴輝


ワイガヤ上司が会社を救う!

会社の業績を向上させたい人は、会議のスタイルから見直しましょう。近年、業績 の良い会社と芳しくない会社の差が開く傾向にありますが、その違いは一度立てた 計画を実行できるかどうかにかかっています。そして、実行計画を徹底できない理 由の上位に「他部門の協力体制が未整備」「部門間の連携が悪い」「定期ミーティ ングが開催されない」が入っています。つまり、会議力が明暗を分けているので す。会議はあなたの想いに他部門を含めた大勢の仲間を巻き込む絶好の機会。さ あ、あなたもワイガヤ上司になって、目標達成に邁進しましょう!

三菱UFJリサーチ&コンサルティング
経営戦略部長兼プリンシパル
酒井英之

会議力 = コミュニケーション力

私は会議とは、「論理的な話し合いの場」というだけでなく、「コミュニケーションの場」ととらえている。論理的に話あっていくためにも、まずはベースとし て「良好な人間関係を尊重する場」となることが大切だ。それは議長のテクニックとして「どうすれば、うまく意見が整理できるか?」をもとめるのではなく 「会議のときの参加者はどんな気持ちなのか?」を考えていくことが大切だということである。今回の会議力検定は、このような会議に対する私の思いが十分に 反映されており、新しい会議の流れを創りだす何かを持っているように感じる。「人に優しい社会は、人に優しい会議が創る」という我々のミッションが広がっ ていくことを期待している。

「もっとすごい!非常識な会議」著者
会議力向上委員会 委員
会議ファシリテーター普及協会 代表 釘山健一

斬新、かつ、楽しい試み。

資格ガイド(資格マニア)として、数百個に及ぶ資格・検定試験を受け続けてきた私。会議力検定の創設を知った当初は、正直なところ「昨今の検定ブームでま たなんか出てきたなぁ」くらいにしか考えていませんでしたが(笑)、その内容をちゃんと見てみると、よくある普通の検定試験とは一線を画すものだというこ とがわかります。会議をテーマとした検定ではありますが、そこから学べるものは会議のことだけにとどまらず、ビジネスパーソンとして生きる上で大いに役立 つ「目からウロコ」なノウハウや考え方が身に付くはずです。「検定」という枠に収まらない非常に斬新かつ楽しい試み、会議力検定。ぜひ職場の同僚を誘って みんなで受けてみよう!

会議力向上委員会 委員
オールアバウト「資格」ガイド 鈴木秀明

会議環境も重要に。

会議力は「プログラム・参加者・施設&サービス」の三位一体が整って初めて最高のパフォーマンスが発揮できるものなのです。そして、”良い会議プログラム は良い施設環境や良いサービスを求め”、又、”良い環境は良い会議を勧める”と言われているほど、会議力向上には良い会議環境やサービスが不可欠なので す。近年ではコミュニケーションKIOSKと呼ばれるコーヒーブレイクサービスなども重要視され、いろいろな飲み物とキャンディなどのお菓子が常設されて いるような能動的な会議サービスも増えてきています。会議力検定に合格したみなさんと是非会議環境やサービスも含めて理想の会議をつくっていければと思い ます。

コンファレンス事業担当部長 株式会社プリンスホテル
日本コンファレンスセンター協会 専務理事 田中慎吾

会議力検定を通じて身に着くモノ

仕事柄、インタビューをすることも多いですが、「まずよく聞く。自分の考えも伝えつつ、さらに引き出す。そして一つの結論にまとめる」という作業は、会議 にも通じます。 どちらも「コミュニケーション」であって、何を話すか、どうまとめるかに加えて、思う存分意見を交わし合える場づくりも大事だと感じます。 気の合う仲間と、思いのほか議論が白熱することってよくありますよね。飲みの席で、部下から面白い意見が続々出てきたという経験のある上司も多いのでは。 これに近い感覚を、会議の場にも持ち込むための方法論はないものか?まさにそれが、「会議力検定」を通じて身に着くモノ。 ビジネスのみならず、家族、ご近所、友人関係、いろいろなコミュニケーションに活きるはずです! 日本の会議をもっとエキサイティングなものに! 広報大使として、いろいろな場面で役立つ「会議力」の魅力をどんどんお伝えしていきます!

キャスター 会議力向上委員会 広報大使
林 宙紀 (ひろき)