日本会議力向上委員会オフィシャルサイト:HOME > 受験者の声

第二回会議力検定を2月25日に実施 - 会議力検定を運営する日本会議力向上委員会オフィシャルホームページ



2011年5月21日に開催された、第1回
会議力検定の「合格者」の方と、残念ながら不合格となた方のリベンジに向けた声をご紹介させていただきます。皆様初めての検定ながら様々な方法で勉強をされていたのが印象的でした。

合格者の声 Vol.2 窪田様

第1回 会議力検定に見事合格された、窪田様にQ&Aのインタビュー方式にてお話を伺いました。

普段どんなことをされているか
大学生をしています。人間科学部人間科学科臨床心理社会心理専攻。心理系の勉強をしていて、3年ではこの合宿に行ってきました。先生はカウンセリングが本業の方です。
会議力検定を受験した経緯について教えてください?
大学で資格をとることを推奨していますが、TOEICや漢検だとありきたりなので、人とは違うことを思い受験しました。大まかな資格に関して、ネット検索をして、資格のまとめサイトを見て。秘書検定も受講しました。
窪田さんは2級だけの受験ですが、なぜですか?
もともと就活を意識しています。そのときに2級ではないと資格として書きにくいと思いました。学校の就職説明会の時にもそんな話が出ていました。
勉強法はについて教えてください
通学が2時間近くかかるので、その間に「非常識な会議」を、PDFを全部印刷して、電車の中で1,2章セットで、10回以上読みました。 あまり会議というものをしらないので、ちょっと屁理屈と思う部分もありましたが。(笑)社会人のしている会議が、いかにあたりまえのことができていないかを感じました。
試験当日は、やってみてどうでしたか?
わかるところと、わからないところが真っ二つに分かれました。テキストに書いてあるものはすぐわかりました。時間はあまって、判断はスムーズにできました。
会議力検定の資格をどのように役立てたいですか?
心理カウンセラーになりたくて大学に入りましたが、今は就職を考えていて、働きたい仕事はまだ絞れていない状況です。ただ、どこに行っても、「会議力検定ってなんだろう」と思っていただけると思います。
会議力検定ってなんて説明しますか?
ちょっと違った会議を進行させることができる人、ですかね。
最後に、勉強に使われたノートを少し見せていただきました。非常によく勉強されて、試験に望んでいただいていたのが非常によく伝わって来ました。
↓↓↓